長かったけど一安心

人間ドックの結果、再検査が必要になり、[E:hospital]に行ってきました。早めに行ったのですが、窓口の前には、すでにたくさんの人が待っていました。
初診でない場合は、予約ができるのですが、今日の私は初診。しばらく待っていたら、看護婦さんが「すみません、これからだと2時間以上待っていただくことになりますが、よろしいですか?」なんて聞くようになりました。この時点で、私はすでに2時間待っていました。
結局、再検査の結果を聞いて、会計が終わるまでかかた時間がなんと5時間。久々の記録です。でも、再検査の結果は異常なしということだったので一安心しました。[E:happy01]
待ち時間が長かったので、今朝から読みはじめた本を読み終えることができました。一冊の本を、一日で読了するのも久々の体験です。
読んだのはこの本。日本に求められる教育改革の方向性に関する著者の主張は理解できたように思いmす。でも、客観主義に授業で学び、自分も実践をしてきた頭の古い私には、望ましい授業や学校の姿に今ひとつ見えてこない部分があるのも事実です。すっきりするにはフィンランドに行くしかないのかな?
読みやすい本なので、みなさんも一読なさっては?

子どもたちに「未来の学力」を
福田 誠治
東海教育研究所
この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク