インターネット回線工事

私の住まいがある地区は、ケーブルテレビ加入が土地購入の条件になっていました。そのため、インターネットもケーブルテレビの回線を使ってきました。加入当初の回線速度は遅かったのですが、しだいにストレスも感じない程度に改善されてきました。
インターネット利用だけだとケーブルテレビのままでもいいのですが、少しでも通信費を節約しようと考えると、無駄が多いように感じました。
そこで、インターネット回線を光ネクストに変更し、ひかり電話も申し込みました。
最初に工事を予定していた20日。約束どおりに工事請け負い業者が来ました。ところが、そこで私の考えどおりにはいかないという問題があることがわかりました。
私は、ケーブルテレビで使っていた回線コンセントをそのまま使えると思っていましたが、確認してもらったところ、配管がないため、そのままでは利用できないということがわかったのです。
業者の方と相談して、外にある配線引き込みボックスから床下をとおして、1階にある電話コンセントまで持ってくる電気工事ができないか、この家の建築業者に聞いてみることになりました。工事はとりあえず延期しました。
そして、建築業者に電話。しかし、相談の結果、床下に穴をあけるのは問題があり、難しいという返事。
そこで、今度は、セカンドオピニオンということで、この家を建てた時の営業担当だった方にも相談。そしたら、すぐに家に来て現場を確認し、「材料費だけでできる工事」という返事。では、お願いしようかと、いろいろ話していた中で、NTTの外工事は無料ということを伝えると、「それなら無料でしてもらった方がいいよ」
ということで、結局、NTT請け負い業者に外工事をしてもらうことに・・・[E:sad]
工事は26日。工事に来たのは一人(前回は二人)でした。
まず、ルータ設置場所を確認。その後、屋外の引き込み経路の確認。初めは、電柱からまっすぐに家の壁面に光ケーブルを引き込み、壁面の中央部分をとおして、ルータのある場所まで配線することになりそうだったのですが、話し合いの結果、他の配線がとおる「すっきりポール」と配線ボックスをとおしてから、壁面の下部をはわせて、ルータ利用箇所近くで立ち上げるという経路をとることになりました。
その結果、光ケーブルもほとんど目につかない状態で配線ができました。また、光コンセントも部屋にあったモジュラージャックコンセント部分に取り付けたため、とてもすっきりした形になりました。このモジュラージャックコンセントと1階のモジュラージャックコンセントがつがっているため、これまでと同じように、1階で電話を使うことができました。
ひかり電話にして5分もしない内に、電話がかかってきたので、番号を変えなくてよかった正解だったと思いました。手数料がかかりますが・・・
回線速度は、有線で35Mbps(無線LANで25Mbps)程度ですが、こんなもんなんですか?
まあ、ケーブルの時より速いからいいかな。[E:coldsweats01]

NO IMAGE
この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク