SNS Count CacheエラーはPHPが原因でした

ブログテーマを久々にSTINGERに変更したことを記事にしました。

ところが、あるプラングインが有効化できないという事態に陥ってしまいました。確認してみたら、やっぱりPHPバージョンが指定されたものでなかったのが原因でした。

陥ってしまった状況

STINGER7が公開されていることを知り、早速インストールしました。SNSボタンもリニューアルされていました。でも、シェア数を表示するには、SNS Count Cacheというプラグインを使う必要があるみたいでした。

そこで、このSNS Count Cacheというプラグインをインストールして有効化しようとしました。ところが、「重大なエラー」が起きましたという恐ろしいメッセージが出て、どうしても前に進めなくなってしまいました。

スポンサーリンク

調べてみると・・・

私と似たような状況を体験している人が少なくないみたいで、プラグインの作者の方が自分のブログエントリーでも丁寧に説明してくださっていることがわかりました。

[試] HTTPからHTTPSのシェア数引継ぎにもWordPressプラグイン SNS Count Cache

表示速度改善、ランキング表示、シェア数分析に使えるWordPressプラグイン SNS Count Cacheアップデートのお知らせです。GoogleがHTTPSのランキングシグナル活用を発表しました。HTTPS化を検討されている方のために、HTTP運用時代からの擬似的なシェア数引き継ぎ機能を追加実装しました。

marubon.info

この中に、次のような「ご利用上の注意点」が書かれてあります。

これまでもプラグインのreadme.txtに記載していたのですが、わかりにくかったため本エントリにて再周知させて頂きます。

SNS Count Cacheは、有効化および実行するためにPHP 5.3以上が必要です。

よくエラーが出て有効化できないというお問い合わせを頂くのですが、まずはご利用になられているPHPのバージョンをご確認頂けると幸いです。

PHPのバージョンが5.3以上になっていない場合は、エラーが出て有効化できないことがわかります。

PHPバージョンの確認

そこで、まさか5.3未満ということはないよねーと思いながら、サーバーにアクセスして、PHPバージョンを確認してみました。

さくらインターネットサーバコントロールパネル

まさか・・・でした。なんとPHP5.2です。新しいバージョン選ぶから、標準を選択しました。

すると最新のPHP5.6になりました。

さくらインターネットサーバコントロールパネル3

SNS Count Cacheの有効化

気をとり直して、再度プラグインSNS Count Cacheの有効化に取り組みました。こんどは何事もなく有効化することができ、SNSボタンの数字もなんとか表示されるようになりました。

まとめ

やはり注意書きはきちんと読むべきだと思いました。

プラグインの設定で確認すると、投稿ごとのシェア数がカウントできていない箇所がありました。まあ、もともと「0」に近い数字なので、なんの問題もないのですが・・・

Twitterの数字表示もできるようになればいいなあと思います。

この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク