プラグインで過去記事をTwitterにランダム投稿

このブログでは更新情報をTwitterに流しています。

更新情報だけでなく、過去記事もTwitterに設定してみたい。そんなことを考えて、プラグインをインストールしてみました。

Tweetilyというプラグイン

早速、検索してみると、Tweetilyというプラグインを紹介しているサイトを見つけました。

過去記事を自動ツイートするWordPressプラグイン「Tweetily」でタイトルが表示されないときの対処方法 | AT HOME GEEK
カスタマイズ大好きなアットホームギーク(@drying)です。 以前から過去記事を埋めれないようにするためにWordpressプラグイン「Tweetily」を使ってランダムにツイートしていましたが先日自分のツイートを見てみるとこんな大失態をしていることに気づきました。 [こんなのもありまっせ!]:... — athom...

日本語にも対応していて、使いやすそうです。

しかし、このプラグインは、新しいWordPressに対応していませんでした。

最新のWordpressのバージョンに対応していないためそれにより不具合が生じる恐れがありますが当ブログでは責任を負えませんのでご了承ください。ちなみに当ブログの環境ではまったく問題なく快適に動いてます。

このまま使っても問題はなさそうですが、対応しているプラグインはないかと、さらに探してみました。

スポンサーリンク

Revive Old Postというプラグイン

そして、Revive Old Postというプラグインがあることを知りました。こちらは新しいWordPressにも対応していました。以前は「Tweet old post」という名前だったそうです。

このプラグインは有料です。無料版もありますが、機能限定でした。

このプラグインを使うことで、TwitterやFacebookなどに対して、過去記事のランダム投稿を自動化できます。もちろん、ツイートに含めたくないカテゴリーや記事の除外設定もできます。無料版でも、私の場合は問題無しでした。

そこで、今回はRevive Old Postというプラグインを使ってみることにしました。設定についても、次のサイトを参考にしました。

Revive Old Post – 過去記事をTwitterとFacebookにランダム投稿できるWordPressプラグイン | ネタワン
Revive Old Postは、WordPressの過去記事をTwitterとFacebookにランダム投稿できるプラグインです。 このプラグインは、ソーシャルメディアに対して、過去記事のランダム投稿を自動化できます。・・・

まとめ

ブログの過去記事をTwitterなどに自動投稿する方法はプラグインを使う方法以外にも、いろいろあるみたいです。今回はRevive Old Postというプラグインを使ってみることにしました。まだ、試行段階ですので、そのうち別の方法にするかもしれません。

この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク