Webフォントの使用を見合わせることにした理由

先日、ブログのカスタマイズに取り組みました。その時、使っているPCに関係なく同じフォント表示ができるWebフォントの使用を始めました。選択したフォントはGoogle Fontsの「Quicksand」です。このフォントを選択したのは、使っているサイトが多く、見た目も好みだったからです。

Webフォント導入の手順

Google Fontsを導入するには次の3つの手順が必要です。

  1. Google Fontsでフォントを選択する
  2. Style.cssでフォントのインポートを追加する
  3. Style.cssのfont-familyでフォントを指定する

詳しいことは、いろいろなサイトで紹介されていますので、Google先生に聞いてみてください。

スポンサーリンク

Webフォントの使用をやめることにした理由

わかっていたことですが、Google Fontsの「Quicksand」で表示されたアルファベットは美しく見えました。サイトタイトルの文字もカッコイイ感じなりました。でも、使っているうちに、少しずつ気になってくることがありました。

Quicksandと日本語フォントがアンバランスに見える・・・

まず、気になったのは日本語フォントと選択したWebフォントのバランスの悪さです。Webフォントだけで見ると、とてもいい感じなのですが、日本語フォントの間では、華奢な感じが際立ってしまうのです。別のフォントを選択すれば、この状況は改善できるのかもしれませんが、どのフォントがいいかを確認する作業は時間がかかりそうです。

ブログの表示が遅くなった・・・

きちんと測定はしてないので感覚的な話になりますが、ブログを表示させようとした時に、データを読み込む時間が前よりも長くなったように感じます。ヘッダーに写真を表示させることにしたので、余計そのことが気になる状況になったのかもしれません。試しにWebフォントを使わないでサイトデータを読み込ませてみたら、読み込み時間があまり気にならなくなりました。

まとめ

Webフォントを使えば、閲覧しているPCに関係なく同じフォントでサイトを表示することができます。これは、本当に素晴らしいことです。

でも、記事に書いたような状況が気になるので、しばらくWebフォントを使わないでみようと思います。

この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク