やっぱりブログでは自分で撮影した写真を使いたい!

IMG_0858

ブログを書き始めた当初は、掲載する写真はすべて自分で撮影したものでした。しかし、記事にあった写真がいつも手元にあるとは限りません。その結果、Flickrサイトに掲載されている写真の中で著作権フリーの写真を探して使うことが多くなりました。

Flickrで著作権フリーの写真を探す

最近は、Flickr – Pick a Pictureというプラグインを使って、記事に合いそうな写真をFlickrサイトから探して使っています。
https://wordpress.org/plugins/flickr-pick-a-picture/

このプラグインでは、著作権が「Attribution License」と「No known copyright restrictions」の写真をFlickrから探すようになっているので、その初期設定のまま使えば問題はありません。
ちなみに、Flickrライセンスの内容は次のとおりです。

Attribution License
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルとURL)を表示することを守れば、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンス。

No known copyright restrictions
知的所有権を所有し主張する人物の存在が明らかでない著作権者不明の作品などに付けられたライセンスで、事実上、著作権による制限がないもの。

スポンサーリンク

やっぱり自分で撮影した写真を使いたい

このプラグインはとても便利なのですが、現バージョンになってからかなり時間が経っているのが気になります。また、feedlyで自分の記事更新を確認すると、なぜかアイキャッチ画像が表示されません。

ブログの写真は、やっぱり自分で撮影した写真を掲載したいという思いが強くなってきています。

でも、まだ具体的な方法については考えていません。自分で撮影した写真をFlickrにまとめておき、そこからFlickr – Pick a Pictureで引っ張り出すという方法もありますが、feedlyの問題は残ります。

まとめ

Flickrサイトに写真をアップしたこともありますが、現在はほとんど活用していません。Picasaも使ったことがありますが、もう終了してしまいました。新しいGoogleフォトのことはよくわかりません。
これから少しずつ情報を集めて、ブログに自分の写真を使う方法について考えていきたいと思います。

<おまけ>
この記事で使った写真は、私がiPhoneで撮影したものです。現在、ブログヘッダーの背景にも使っています。

この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク