簡易タイムカードとして代用!Day Oneで出退勤時刻ログを残す

xaviandrew / Pixabay

先日、MediumにあるPublicationsという機能をお試ししてみました。この機能のことも気になるのですが、今回の話題は別のことです。

iOSアプリDay Oneで個人的なタイムカードをつくることができるという話です。

個人的なタイムカードをつくりたかったわけ

「私の職場にはタイムカードがありません。」と言うと、驚く人は多いのでしょうか?
もちろん、この話は厳密に言うと違います。同じ職場で働いているのに、タイムカードで勤務時間の管理が行われている人がいるからです。でも、私と同じ職種の者はタイムカードがないのです。そのため、超過勤務をしてもその時間は給与には反映されません。

しかし、労働安全衛生法が改正され、長時間労働者への医師による面接指導等を実施することが求められるようになりました。タイムカードがあれば、超過勤務時間は簡単に把握することができますが、私たちにはありません。そのため、超過勤務時間を自己申告することが始まりました。

スポンサーリンク

実は面倒な超過勤務時間の計算

毎日の超過勤務時間を記録するのは面倒な作業です。しかし、健康維持の面からも、自分の超過勤務時間を正確に把握しておくことは大切なことだと考えます。

忘れないで記録する習慣が身につけばいいのですが、それもなかなか難しいことです。その結果、前月の勤務を思い出しながら自己申告シートを作成するという場合も少なくありませんでした。

そんな時に人気ブログlifehacking.jpで「Misfit RayのIFTTT連携で簡単タイムカードを作成する」という記事を見つけました。

Misfit RayのIFTTT連携で簡単タイムカードを作成する
日本でも販売が開始された活動量ウェラブルデバイスのMisfit Ray は、通常ダブルタップで LED が反応してその時点での運動量をインジケーターで表示します。 さらに便利な機能として、トリプルタップによる動作を Misfit Link という別アプリで割り当て可能なのですが、これを応用することで簡単に出勤・退勤時間...

Misfit Rayがほしくなりましたが、iPhoneとアプリDay Oneでだけでその代用ができることに気づきました。

 Day OneとiPhoneでタイムカードを代用

ライフログを残すためにDay OneとMomentoというアプリを使っていました。MomentoはSNSとも紐付けしているので、自動的に投稿が記録されています。Day Oneはインストールした当初は活用していたものの、しだいに使わなくなってきていました。

でも、使わないのはもったいないと思って、先日Day Oneを起動してみました。すると、自分の滞在場所と時間が記録されていることに気づきました。よく見ると、出勤と退勤の時刻も残っています。このデータをもとにすれば、超過勤務時間のシートをこれまでよりも正確に作成することができることになります。

iOS版Day Oneの新たな活用の仕方を見つけることができました。私と同じような職場に勤務している方にはオススメです。タイムカードがない職場はあまりないでしょうけど・・・

IFTTT

IFTTT (無料)
(2016.12.11時点)
posted with ポチレバ

この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク