「光ポータブル」という選択肢

iPhone5のアナウンスも間近という予想が広まりつつあるこの時期に、妻と娘がdocomoからiPhone4に乗り換えました。これで、家族4人がすべてソフトバンク回線のiPhoneユーザーです。
本当は私がdocomo回線に復帰するか、またはauのAndroid携帯にみんなで乗り換えようと思っていたのですが、その計画は妻の「私もiPhoneが使いたい!」という一言でなかったことになってしまいました。
新たに2回線したうち、1回線はパケットし放題フラットで、1回戦はパケットし放題forスマートフォンで契約しました。最初は、2回線ともフラットで契約しようと思ったのですが、通信費を安くするのが目的だったので、このようにしてみたところです。
ただ、他のスマートフォン同様にiPhoneもアプリを起動したりすると気がつかないうちに3Gでパケット接続してしまっていることが多いので、この選択が良かったかどうかはこれからの使い方しだいですね。
通信費を安く抑えることと矛盾しているのかもしれませんが、この頃、頭から離れないのがモバイルWi-Fiルーターの購入するかどうかということです。
iPhoneを使っているのに3Gでパケット接続しないようにしていると言うと「そんなの使っている意味ないじゃん!」と一笑されてしまうのですが、通話もできる予定表を持ち歩く感覚で購入したので、頻繁にパケット接続する必要を感じることもありませんでした。
ところが、やはり使っているうちにパケット接続することが便利だということに改めて気づかされてしまったのです。そのことを強く感じたのは、やはり旅に出た時です。土地勘のない場所で、食事場所を探したり、交通機関を利用したりする時に本当に便利で助かりました。
一度、このような体験をすると人間は弱いですね・・・こういうツールを日常生活でも使いたいと思ってしまいました。よくよく考えれば、なくても大丈夫な生活しかしていないはずなのですが・・・
そこで、モバイル無線LANルーターについて調べてみました。
昔と比べれば安くなっていますが、導入にはそれなりの出費が必要でした。イオン専売の日本通信 b-mobile AEONの月額980円というのがありましたが、対応するルーターを購入しなくてななりません。日本通信で販売しているルーターは1.7万円。docomoのルーターは3万円ぐらいになってしまいます。近くのイオンで行ってみたら、docomoのルーターを購入するとWAONカードでキャッシュバックしてくれるという話をしてくれましたが、docomoとデータ通信契約が必要になります。WAONはたぶん使わないし、毎月2千円(docomo+日本通信)かかるなら、もっと高速なサービスも利用できてしまうなぁ・・・
ソフトバンクやイーモバイルの2480円で利用できるサービスも魅力的でしたが、使用条件とかサービスエリアを考えると選択肢から外れてしまいました。
やはり、導入するのはまだ早いかなぁと思っていた時に、新たな候補を偶然見つけました。
NTT東日本の「光ポータブル」です。
実はこれが発表された当時も検討したことがあったのですが、データ通信費のことを考えると割高だったので、すぐに諦めてしまったのでした。ところが、この「光ポータブル」を先ほどの日本通信 b-mobile AEONとの組み合わせで利用すると、315円+980円で維持できることになるのです。フレッツ光を継続して使うことが条件になりますが、我が家は、WiMAXなどの高速データ通信サービスの範囲外で、ケーブルテレビよりもフレッツ光の方が回線速度が早いという場所にあるので、なにもなければこのままフレッツ光を使うことになりそうなので問題はありません。
まぁ、近い将来にデータ通信環境は改善?されるでしょうから、その時にまた考え直すということもできます。とりあえず、現時点では、NTT東日本「光ポータブル」+日本通信 b-mobile AEONが私の中では最有力候補なのです。
私にとって現時点でベストな選択はなんでしょうか?

NO IMAGE
この記事をお届けした
「bibalogue」の最新ニュース情報を
“ いいね してチェック!
スポンサーリンク