地理一覧

山形学フォーラム開催!テーマは「地理・地形で読み解く山形の魅力」

「山形学」フォーラム開催の案内が届いた。「山形学」は全国各地で盛んに企画されている「地域学」活動のひとつだ。 「地域学」という...

記事を読む

高校地理総合(仮称)に関する公開シンポジウムが開催されます

先ごろ、日本学術会議主催学術フォーラム「持続可能な社会の実現に向けた草の根活動の振興-IYGU(国際地球理解年)の試み」に関する記事...

記事を読む

来夏はベオグラードに行こう!第14回国際地理オリンピック選抜大会の参加申し込み受付開始

第11回科学地理オリンピック日本選手権 兼 第14回国際地理オリンピック選抜大会の参加申し込み受付が始まっています。 応募期間...

記事を読む

2016年日本地理学会地理教育公開講座「ESDと地理教育の未来」を振り返る

東北大学川内北キャンパスを会場に開催れた(公社)日本地理学会秋季学術大会に行ってきました。 今回の目的は、地理教育公開講座運営...

記事を読む

「持続可能な社会の実現に向けた草の根活動の振興」を考えるフォーラム

会員でもなんでもないのですが、日本学術会議主催のフォーラムのお知らせが届きました。 名前からして厳めしい団体ですが、ご存知です...

記事を読む

第13回国際地理オリンピック日本代表選手へのインタビュー公開

8月16日(火)~22日(月)に中国(北京)で開催された第13回国際地理オリンピック2016(北京大会)出場の日本代表選手へのインタ...

記事を読む

日本地理学会秋季学術大会で高校生ポスターセッションが開催

2016年日本地理学会秋季学術大会のことを記事にしました。 東北大学で開催される今回の秋季学術大会では、地理教育公開講...

記事を読む

第30回地理教育公開講座「ESDと地理教育の未来」が今週末に開催

2016年度の日本地理学会秋季学術大会が近づいてきました。 今回は東北大学が会場です。日程は次のとおりです。 9月30日(金...

記事を読む

第13回国際地理オリンピック参加生徒の結果

先月16~22日に北京で開かれた「第13回国際地理オリンピック」で、日本代表の高校生3人がメダルを獲得しました。 今回の国際地...

記事を読む

国際的な地理学習の傾向と日本の地理学習

平成26年9月14日(日)、日本学術会議講堂を会場として、公開シンポジウム「持続可能な未来のための教育と人材育成の推進に向けて」が開...

記事を読む

【無料】公開講座「イスラムから考える」開催!

今春も日本地理学会春季学術大会が3月20日~23日に開催されます。会場は早稲田大学です。 春の大会は、関東地方で行われることになっ...

記事を読む

地理空間学会例会開催のお知らせが届きました

Twitterを眺めていたら、4年間毎日ブログ更新しているブロガーさんを見つけました。体調の悪い時もあったでしょうに、まさに偉業ですね。 ...

記事を読む

話題のサービスMediumを使い始めました!

Markdown記法で文章を執筆できるシンプルなテキストエディタUlyssesが気になって、レビュー記事を掲載しているブログをチェッ...

記事を読む

講演会:アメリカ合衆国の地理教育−現状と展望−

アメリカ地理学会の地理教育担当ディレクイターであるマイケル・ソルム博士が昨年に引き続き訪日するというお知らせが届きました。 昨...

記事を読む

NO IMAGE

「空間性」という言葉に悩みました

「情動」と「空間」がキーワードになっていた論文に目を通しました。 及川裕子(2014):地域アートプロジェクトの空間性とアーティストの...

記事を読む

地理オリンピック参加申し込みの締め切りが近づいています

今年で10回目となる「科学地理オリンピック日本選手権」が来春早々に開催されます。 その参加申し込み締め切りが近づいています。数学オリン...

記事を読む

地理的イメージを再考

授業を通して育成される地理的イメージ(地理学的想像力)に関して「地理的分野の学習内容と場所イメージ」という記事を書きました。 ...

記事を読む

「思考は現実化する」ことを体験した日

この年度末は異動することが決まったりして、かなり忙しい毎日でした。しかし、どうしてもドリーン・マッシー氏の講演が聞きたくて、日本地理学会...

記事を読む

参加したい!ドリーン・マッシー氏来日講演

地理学研究の内容に好き嫌いがあるのは確かですが、著名な地理学者が書く論文はそうした好みを超えた所で魅力的な内容だと感じるものを含んでいる...

記事を読む

国際地理オリンピックでポーランドに行こう!

中高生の皆さんで国際地理オリンピックの存在を知っている人ってどのくらいいるのでしょう? そんなことを考えながら、今回は国際地理オリンピ...

記事を読む