全国地理教育学会第12回例会「宮城例会」に参加してきました。今回の例会は、「地理授業から防災復興教育へ」というテーマで行われたシンポジウムでしたが、100名以上の参加がありました。

全国地理教育学会 第12回例会(宮城例会)として次のような日程と内容でシンポジウムが開催されます。参加申し込みの締め切りは過ぎてしまいましたが、興味のある方はこちらのサイトにある申し込み先である吉田先生にメールでお問い合わせください。

今日の山形市はこの夏一番の猛暑日でした。最高気温は36℃以上を記録しました。とにかく暑かったです。 僕は夏になってもなかなか休めない毎日が続いているのですが、いつもよりも時間的な余裕があったので地理教育関係団体が毎年夏に開催している研究大会[…]

今も昔も、日本国内の書店で地理学の書籍の内容を確認するのは面倒な作業です。もちろん、それは図書館でも同じです。日本十進分類法に従った分類では、地理学書は様々な棚に納まることになります。 欧米でも状況は同じようです。 かつて、地理学的な説明に[…]

3 月 4 日(日)13:30~日本地理学会主催のシンポジウムが開催されます。 <テーマ>災害と子どもたちの教育を考える―東日本大震災被災学校の現在とこれからの地理学・地理教育―  会場は慶應義塾大学三田キャンパス西校舎527教室です。もち[…]

今年6月に福井大学を会場に開催された第41回中部地区英語教育学会 福井大会のプログラム発表要旨の中に気になるものがあったので、個人的な記録として引用して掲載しておきます。井の中の蛙にならないようにしなくては。できるだけ・・・[E:colds[…]

仙台にあるジュンク堂に行ってきました。店舗がかわって、一番困ったことは、どこに何があるかがわかりにくくなったことです。 教育関係書籍はたくさんあるので、すぐに場所がわかります。でも地理学関係の書籍を探すのは店舗においてある検索機を使っても苦[…]

連休後半が始まりました。なんか昨日長い距離を歩いた疲れが一気に出て、ゆっくり休んでいました。 でも、せっかく時間ができたので、「空間」と「場所」の二語を検索窓に入れてみました。すると、人文主義地理学者として知られるエドワード・レルフ「場所の[…]