今年は暖冬。この天候は異常ですね。ここ山形も一昨日までまったく雪が積もっていなかったのですが、立春前の積雪でまた冬らしい風景になってきました。夕方は、道路が凍って滑りやすくなり、免許センターにつながる新しくできた道路では10台前後の車による[…]

ブログのデザインを変更してみました。気分転換というところでしょうか。この設立準備室がブログの中だけで終わらないように、地理教育改善に興味のある仲間を集めていきたいと思います。 FacebooktwitterHatenaPocket

 古今書院の雑誌地理に今年5月まで掲載されていた「アクティビティ教材の開発と実践」をまとめて読みました。この連載では、イギリスの中等学校用のロングマン地理教科書とケンブリッジ大学出版による地理教科書が紹介されました。もちろん、これらの教科書[…]

 アメリカ合衆国における地理教育復興運動の続編です。地理教育ガイドラインが発行された1984年から10年後の1994年「地理ナショナルスタンダード」なるものが発行されました。中山修一氏は、日本地理学会での報告でナショナルスタンダードに関する[…]

久々の書き込みですが、ちょっと脇道に。  私の好きなサイトに「借力」さんサイトがあります。そこで取り組まれていた企画「バカ日本地図」がなんと本になっていました。著者は、一刀さん。本のタイトルは、 バカ日本地図―全国のバカが考えた脳内列島MA[…]

 「初等および中等学校用 地理教育ガイドライン」(一般的には、「地理教育ガイドライン」と呼ばれています)の中で、最も注目されたのは、「地理学の5つの基本テーマ」(通称:5大テーマ)です。これは、地理的見方・考え方を5つに整理したものです。 […]

 アメリカ合衆国における1980年代の地理教育復興運動の中で、1984年にアメリカ地理学会(AGS)と全米地理教育協議会(NCGE)の合同委員会によって刊行されたのが、有名な「初等および中等学校用 地理教育ガイドライン」(一般的には、「地理[…]

 現在、小学校低学年・高等学校に「社会科」という教科はありません。こうした「社会科」解体や学習指導要領の改訂の動きの中で、「地理」教育のあり方が問われているわけです。「地理って何を教えるの?」という疑問は、実は難問なのかもしれません。  戦[…]

 土曜の朝日新聞「赤be」には、パズルが掲載されています。正解者には、抽選で図書券がプレゼントされるということもあって、頭の体操のつもりでパズルを考えるのが、毎週土曜の朝の過ごし方になっています。  今日のクロスワード・パズルの答えは、「水[…]