ブログ再考。そして原点回帰からの再スタートを決意!

Wokandapix / Pixabay

「暦年」があるのに、「年度」という別の区切りがあるのは面倒だと思うことがある。

だが、何か新しいことを始める人にとっては、区切りが多いのは決して悪いことではないのかもしれない・・・

そんな思いもあり、自分もブログに書く内容をもう一度見つめ直すことにした。

せっかくの機会なので、

スポンサーリンク

ブログ内容を再考した経緯

趣味的に書いている個人ブログなので、内容に一貫性がなくてもなんの問題もない。できれば多くの人に読んでほしいが、そんなことを期待できるほどの文才もなく、ネタもないのだから仕方がない。

しかし、ブログを立ち上げた時の気持ちなどはどこかに置き忘れ、いつのまにか中途半端なレビューを書いたり、きちんと理解もしていないコードを掲載してしまったりしている自分・・・

なんとなく許せなくなっていた。

もちろん、Mac&iPhoneユーザーなので、Appleの新製品は気になる。また、効率的に作業を進めるために使用するデジタルデバイスの動向にも興味がある。WordPressに乗り換えてからは、テーマのカスタマイズも楽しいのも事実。

その時、その時、自分の書きたいことを書いていたことは間違いない。
だったら、なにも問題がないのではないかと言われると、それも違う。

このブログはレビューブログでもないし、プログラマーが書いているブログでもない。

でも、ネット上にあるたくさんのレビューブログやシステムエンジニアやウエブデザイナーの方々のブログを表面的に真似したようなブログになってしまっていたのが許せなくなった。

最初の投稿を読んでいただくとすぐわかるのだが、このブログは「地理学」や「地理教育」に関する記事を書くことを目的として立ち上げた。いつのまにか書けなくなった(書きたくなくなった)けど、本当は「地理学」に関する話題を中心に書き続けていきたい。

そんな思いがまだ残っている自分がいることに気づいた。

原点回帰!

複数のブログに記事を書くほどの力量も余裕もないので、もう一度、このブログの立ち位置を考え直そうと思う。

もしかすると、これまでとは異質な感じの記事も多くなるかもしれません。

自分書きたいことが記事にできるように頑張ろうと思う。

堀正岳氏の著書にあるこんな文章も背中を押してくれた。

あなたが、たとえば自分の研究テーマを扱うブログを開設したとします。

・・・略・・・

これは、独特な価値を世の中に提供していることと等しいのです。

・・・略・・・

たとえ広大なネット社会の一角の小さなブログであっても、Googleの検索は必ずそれを拾います。

スポンサーリンク

テーマも変更

新しいテーマを使ってみたいという思いから、WordPressのテーマとして話題のLuxeritasを使っていた。カスタマイズは楽しいけれど、内容を充実していきたい。

そんなことを考えて、テーマもSimplicityを選択。お世話になった期間が長いので、使っていても安心感がある。そのうち、カスタマイズもやめて、オリジナルのまま使おうかとも考えている。

スポンサーリンク

4月1日に投稿しなかった訳

エープリルフールの日の投稿だとなんとなく嘘っぽいので避けたかったから。