割引価格のiTunesカードをお得に使ってみました

先日、ヨドバシカメラの2枚目半額キャンペーンを利用してiTunesカードを購入しました。2枚目が半額ということは25%引きで購入したと同じことですからお得です。コンビニでも似たようなキャンペーンをしていますが、ほとんどが20%引きですから、ヨドバシカメラから買った方がいいと思います。

さて、購入したiTunesカードはMacのアプリケーション購入に当てるつもりです。

どんなアプリを購入するかを判断する基準は、それが自分の使用目的に合致しているか否かだと思います。

使用目的から考えて、そのアプリケーションを選択することがその時点で最前であるならば、多少高価でもそのアプリケーションを購入してしまいます(もちろん、あまりにも高価なアプリケーションは購入したくてもできない場合があります)。

次に、僕が次に重要視しているポイントは、購入時点で大きな割引があるかどうかということです。

App Storeなどを注意してみると気づくのですが、アプリケーション価格は常に変動しており、ある日を境に価格が半額になったり、期間限定(時間で価格が変化する場合もあります)で割引価格になったりする場合があります。

実は、お得に購入できたiTunesカードを使ってアプリケーションをいくつ購入してみました。これらは、前々から購入しようと思っていたアプリケーションですが、従来の価格と比較して安価になっていたものばかりです。

例えば、こんなものを購入してみました。
・1Password ¥3,000 ← 従来価格¥4,300(30%OFF 期間限定割引?)
・OmmWriter Dāna Ⅱ ¥170 ← 従来価格¥450(60%OFF 期間限定割引)
・Fantastical ¥850 ← 従来価格¥1,700(50%OFF 期間限定割引)

そして、

・Ulysses ¥170 ← 従来価格¥1,000(83%OFF 火曜日限定割引)

本当のところは、Ulyssesを購入するつもりは当初ほとんどなかったのです。Scrivenerを購入するつもりでいたからです。でも、Scrivenerの価格は安定して、しかも試用版もあったので、火曜日限定で激安価格になっていたUlyssesも購入してみることにしたのでした。
Ulyssesが安価で購入できる残り時間は、執筆時点で、あと1時間30分ほどしかありません。これを読んで、購入しようと思われた方は急いでくださいね・・・

スポンサーリンク