プラグインを使えば簡単!ブログの「常時SSL化」作業に取り組みました

スポンサーリンク

こんにちは bibaです。

SSLサーバ証明書の発行がようやく完了し、ブログを「常時SSL化」することができました。

AUGraphics / Pixabay

といっても、SSLサーバ証明書発行が完了しても、ブログの「常時SSL化」が完了しません。

この状態で、Chromeでこのサイトにサクセスしても、「保護された通信」という表示はありません。

「保護された通信」にするためには、さらにhttp→httpsのリダイレクト設定をしたり、既存コンテンツのURL変更したりするなどが必要になります。

今回は、設定手続きの簡略化するため、さくらインターネットが用意してくれているプラグイン「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」を使うことにしました。

このプラグインを導入することで、面倒なhtaccessの編集や過去の投稿コンテンツの置換を全て自動で行うことができるようになります。

ただ、このプラグインは、さくらインターネットが用意してくれているものなので、さくらのレンタルサーバ・さくらのマネージドサーバ上で稼働するWordPressでのみ動作するという制限があります。

他のレンタルサーバーをお使いの方は、別の方法で作業をすることになります。

このプラグインを動作させれば、すべて完了するかと思ったいましたが、私の場合はさらに作業が必要でした。

というのは、このプラグインを導入・設定しても、「保護された通信」にはならなかったのです。

このあと取り組んだのは、Simplicityのカスタマイズにある「その他」の項目から「内部URLをSSL対応」というチェックボックスにチェックを入れることです。

それだけです。

すると、念願の「保護された通信」がChromeで表示されるようになりました。

とりあえず、これで「常時SSL化」の作業は完了です。