【新年のご挨拶】一陽来復

スポンサーリンク

Myriams-Fotos / Pixabay

2018年がはじまりました。あけましておめでとうございます。

この1年は、多くの企業の収益が拡大し、株価の上昇も続きました。短期的な側面だけを考えれば、この新年の挨拶は「謹賀新年」「恭賀新年」というのがふさわしい状況なのかもしれません。

しかし、個人的には「一陽来復」と書きたい気持ちが強いです。

不安症なのかもしれませんが、国内外で人間社会の底力が問われる年となりそうな気配が漂っているように感じる場合が少なくないからです。

そんな世の中ですが、私はまだ諦めてはいません。今年も、「一陽来復」の言葉どおりに、公私ともに物事がよい方に向かうことを願っていきます。「希望は失望に終わることはない」と聖書にも書いてあるからです。

また、今年の個人的な目標は「断捨離」です。様々な面での「断捨離」を計画的に実行していくつもりです。

もちろん、このブログ更新も地味に続けていきます。

今年もよろしくお願いします!

スポンサーリンク