サイトのSSL保護マークが消えた時にやったこと

Simon / Pixabay

こんにちは bibaです。

時間があるとWordPressテーマのカスタマイズして楽しんでいる私ですが、作業中に重大な課題があることに気がつきました。

なんとサイトのSSL保護マークである鍵表示が消えていたのです。

その作業に取り掛かる前には表示されていたのに、カスタマイズ中に消えてしまうようなことをやってしまったのは明確でした。

しかし、その原因をすぐに特定することはできませんでした。

スポンサーリンク

SSL保護マークが消える原因

このブログはすでにSSL化しているので、本来ならばSSL保護マークである「鍵」マークがつくはずです。しかも、今回はカスタマイズするまでは確かに「鍵」マークがついていたのです。

調べてみると、SSL保護マークが消えるたいていの原因は、そのページの中に『httpのままのリンク』が入っていることだということでした。

このブログではレンタルサーバー会社が用意してくれているプラグインを使ってサイト内のリンクを全部httpsに変更しています。

確認のために、もう一度プラグインの設定を実施してみましたが、残念ながら改善できませんでした。

原因はウィジェット内のリンク

プラグインを使って全リンクが変更されているはずなのに、全ページでSSL保護マークが表示されないということは、あとから追加したウィジェット内のリンク
が疑われます。

そこで、ウィジェット内のリンクを再確認しました。といっても、ウィジェット内のリンクで確認が必要なのは、プロフィールとして書いた箇所だけでした。

調べてみると、そこにある画像へのリンクはhttpのままになっていました。

SSL保護マークが消える原因はウィジェット内のリンクでした。

ふりかえり(教訓)

これからまたSSL保護マークが消えてしまった時は、まずウィジェット内のリンクを疑うことにします。

このようにカスタマイズは楽しいですが、こうした問題にがおこることもあります。それを解決していくのもまた楽しみなのですが、あまり悩みたくはないものです。

まぁ、とにかく今回のトラブルは比較的早く解決できて良かったです。

以上、SSL保護マークが消えてしまったことに気づき、一苦労したというお話でした。