地理一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

「思考は現実化する」ことを体験した日

この年度末は異動することが決まったりして、かなり忙しい毎日でした。しかし、どうしてもドリーン・マッシー氏の講演が聞きたくて、日本地理学会...

記事を読む

参加したい!ドリーン・マッシー氏来日講演

地理学研究の内容に好き嫌いがあるのは確かですが、著名な地理学者が書く論文はそうした好みを超えた所で魅力的な内容だと感じるものを含んでいる...

記事を読む

国際地理オリンピックでポーランドに行こう!

中高生の皆さんで国際地理オリンピックの存在を知っている人ってどのくらいいるのでしょう? そんなことを考えながら、今回は国際地理オリンピ...

記事を読む

地理的分野の学習内容と場所イメージ

10月26日・27日に開催された日本社会科教育学会第63回全国研究大会で発表した内容を公開します。

記事を読む

日本地理学会秋季学術大会(福島大学)に行ってきました

先月末、福島大学で行われた日本地理学会大会に行ってきたので、そのことについて書いておきます。

記事を読む

シンポ「地理授業から防災復興教育へ」に参加して考えたこと

全国地理教育学会第12回例会「宮城例会」に参加してきました。今回の例会は、「地理授業から防災復興教育へ」というテーマで行われたシンポ...

記事を読む

シンポジウム「地理授業から防災復興教育へ」開催

全国地理教育学会 第12回例会(宮城例会)として次のような日程と内容でシンポジウムが開催されます。参加申し込みの締め切りは過ぎてしま...

記事を読む

今夏の地理教育研究会大会は山形・川西町で開催

今日の山形市はこの夏一番の猛暑日でした。最高気温は36℃以上を記録しました。とにかく暑かったです。 僕は夏になってもなかなか休めない毎日が続...

記事を読む

NO IMAGE

もしかすると地理学の時代なのかもしれない

今も昔も、日本国内の書店で地理学の書籍の内容を確認するのは面倒な作業です。もちろん、それは図書館でも同じです。日本十進分類法に従った分類では...

記事を読む

日本地理学会シンポジウムのお知らせ

3 月 4 日(日)13:30~日本地理学会主催のシンポジウムが開催されます。<テーマ>災害と子どもたちの教育を考える―東日本大震災被災学校...

記事を読む

NO IMAGE

英語教科書の描く心象地理

今年6月に福井大学を会場に開催された第41回中部地区英語教育学会 福井大会のプログラム発表要旨の中に気になるものがあったので、個人的な記録と...

記事を読む

NO IMAGE

ふと反地理学的反省を想う

仙台にあるジュンク堂に行ってきました。店舗がかわって、一番困ったことは、どこに何があるかがわかりにくくなったことです。 教育関係書籍はたくさ...

記事を読む

NO IMAGE

「場所性」の放棄

連休後半が始まりました。なんか昨日長い距離を歩いた疲れが一気に出て、ゆっくり休んでいました。 でも、せっかく時間ができたので、「空間」と「...

記事を読む

NO IMAGE

書籍「なぜ地理学が重要か」

駿河台大学文化情報学部 の機関誌「文化情報学」に掲載された内藤嘉昭氏による翻訳「なぜ地理学が重要か」が書籍にまとまって学文社から出版されまし...

記事を読む

NO IMAGE

地理教育における「部分と全体」

小西正雄氏と言えば、「提案する社会科」を思い出す方も多いかもしれません。このごろ、世界認識について考えを整理できたらいいかなという思いが強く...

記事を読む

地理は何のために学ぶのか

澁澤文隆氏の「社会科における国際理解教育の課題」という論文の内容を確認したいと思って、ネット上で公開されていないか検索してみました。残念なが...

記事を読む

NO IMAGE

ゼロ年代の地理学

朝日新聞ネタをもう一つ。朝日新聞では、「ゼロ年代の50冊」という企画を行っています。その中で第1位になったのが、ジャレド・ダイヤモンド氏によ...

記事を読む

NO IMAGE

松岡正剛が読んだD.ハーヴェイ

書店で書評サイト「千夜千冊」で知られる松岡正剛氏の「松岡正剛の書棚」というタイトルの本を見つけました。 松岡正剛の書棚...

記事を読む

NO IMAGE

生き残る地名物産地理の授業

記事を読む

NO IMAGE

史的-地理的唯物論

「都市空間の地理学」という本をこの連休中に読もうと思って借りてきましたが、第Ⅳ部「ポストモダンの地理学?」も読み終えないまま連休最終日を迎え...

記事を読む