AirDropでiPhoneからMacに写真を転送する手順

AirDropでiPhoneからMacに写真を転送する手順

iPhoneで撮った写真データをMacBookに転送しようとしましたが手元にケーブルがありませんでした。

代替手段としてAirDrop機能を使うことを思いつきましたが、その手順がなかなか思い出せませんでした。また同じような状況になったときに、慌てないようにその手順をまとめておくことにします。

スポンサーリンク

便利なAirDrop機能

AirDropとは、近くの iPhoneやiPad、Mac 間のワイヤレス送信によって書類・写真・ビデオ・Web サイト・位置情報などをやり取りできる便利な機能のことです。

またAirDropが使えるためには、次の条件を満たす必要があります。

  • 双方のデバイスが互いに 9 メートル以内の位置関係にあり、両者で Wi-Fi と Bluetooth が有効になっていること
  • 各 Mac が 2012 年以降に発売されたモデル (2012 Mac Pro は除く) で、OS X Yosemite 以降を搭載していること
  • 各 iPhone、iPad、iPod touch が iOS 7 以降を搭載していて、それぞれでインターネット共有が無効になっていること

iPhoneからMacにAirDropで写真を送る手順

最初にMac側でデータを受け取れるように設定します。

  • Finderを開く
  • AirDropを選択
  • このMacを検出可能な相手は「連絡先のみ」または「全員」を選択

次にiPhoneから写真を送信します。

  • 写真アプリを開く
  • 送信する写真を選択
  • 左下の「共有ボタン」を選択
  • AirDropを選択
  • 送信するデバイス(Mac)を選択

すると、デバイスアイコンの下に「待機中」と表示されます。「送信済み」になれば送信完了です。

なお、送信された写真データは、ダウンロードフォルダに保存されます。

別デバイスでコンテンツを共有する

今回はiPhoneからMacへ写真データを送る方法について書きましたが、もちろんMacからiPhoneへ送ることもできます。また、別の組み合わせでも可能です。

iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う方法

AirDrop を使うと、近くにあるほかの Apple 製デバイスと写真や書類な…
support.apple.com

AirDrop機能って便利ですね。