WordPress4.5.1とSimplicity2.1.5にアップデート

気がつけば、今日から5月です。

新年度スタートの4月は、忙しい生活を毎年のように繰り返しているので、そうならないように準備していたはずでしたが、結果はいつもどおりの生活になってしまいました。

さて、今日は雨の休日となったので、ブログテーマのアップデート作業に取り組みました。久日の記事更新です。

スポンサーリンク

WordPress4.5.1にアップデート

久々に、ダッシュボードを開くと、WordPress4.5.1日本語版が公開されていました。古いバージョンを使いつづける理由もないので、素直にアップデートしました。

スポンサーリンク

Simplicity2.1.5にアップデート

また、Simplicityのサイトを開くと、バージョン2.1.5が公開されていました。今まで使っていたバージョンが2.1.3でしたので、2.1.4の公開にも気づかなかったことになります。

変更箇所は次のとおりだそうです。

Simplicity2.1.4
http://wp-simplicity.com/simplicity2-1-5/

  • ビジュアルエディターに 基本的な文章装飾スタイル選択ドロップボックスを追加
  • テキストエディターに 基本的な文章装飾スタイルボタンを追加
  • Push7のアイコンフォント作成したので差し替え
  • http→httpsに移行したときにスキンでエラーが出る不具合修正
  • カスタマイザーのSNS項目に「外部サイトデータ取得時にSSL検証を行う」機能の追加
  • Push7 APIのデータがうまく取得できない場合はボタンを表示しないように変更
  • Push7のAPI利用時に試験的にsslの検証を無効化して取得するようにしてみた
  • CSSの微調整
  • [修正a]ビジュアルエディターの入力補助スタイルを追加
  • [修正b]javascript.jsの記入の不備を修正
  • [修正b]スキンの仕様変更によりスキン内のjavascript.jsが読み込まれなくなっていたのを修正
  • [修正b]CSSの調整

Simplicity2.1.5
http://wp-simplicity.com/simplicity2-1-4/

  • 404ページの画像を変更できる機能追加
  • 404ページウィジェット追加
  • pixivのボーダーの不具合修正
  • モバイルの管理画面投稿一覧の不具合修正
  • 構造化データのエラー修正
  • 自動的に割り振られるスラッグについての問題修正
  • [修正a]Push7リンクの不具合修正
スポンサーリンク

ブログ表示上の不具合への対応

新しいバージョンをインストールすると、親テーマで書き換えている箇所がもとに戻ってしまいます。そのため、このサイトのように、親テーマに手を入れて表示変更している場合は、表示上の不具合が発生します。
このサイトの場合は、総シェア数の表示を親テーマにコードを追記して行っています。

今回も、インストール直後は、総シェア数が表示されませんでした。親テーマにコードを追記する形ではなく、子テーマだけでできれば問題がないのですが、この辺のノウハウはすべて部長ナビに頼っているのでどうしようもありません。
http://nabi1080.com/management/wordpress/42885

部長ナビに従って、親テーマのphpファイルに追記を行った結果、総シェア数がまた表示されるようになりました。

まとめ

ほぼ一ヶ月ぶりのブログ更新となりました。実は、親テーマでのコード追加のことは忘れてしまっていました。思い出せるうちにアップデートできてよかったです。

今月も夜の会議が数回あって、大きな行事もあるけれど、前月よりは更新回数を増やそうと思います。