Lion上でのMacJournal

Lionをインストールしてからしばらく、MacJournal を起動していませんでした。しかし、ブログ投稿が面倒なので、MacJournal をLionにも入れてみることにしました。最新バージョンは5.2.7のままです。調べてみると、Lion上での動作に問題はないという海外ユーザーがいたので、大丈夫だろうと・・・
起動すると、残りの試用期間と登録を勧めるアラートがでます。そこで、購入手続き後に送られてきたシリアルナンバーを入力します。(私は間違えてバージョン4用のシリアルを入れてしまい、バージョン5用のシリアルを入れ直しました・・・)
メニューの「ジャーナル」から「ブログサーバーを編集」を選択します。私はココログを使っているので、種類のところは、「Movable Type」を選択しておきます。こうしないと、ブログエントリーで選択したカテゴリーがエントリーに反映されなくなります。これは、MacJournalを導入した頃に教えていただいたことです。(当時コメントをくださった方に改めて感謝いたします!)
次に、メニューの「共有」から「ブログからエントリーをダウンロード」を選択し、ブログエントリーを取り込みました。全部で428エントリーしかないのですが、しばらく待たされます。昔のバージョンでは、ここでクラッシュしてしまうこともあったので、少し心配したのですが大丈夫でした。
うまくいったついでに、早速、新しいエントリーを作成。画像も入れてみましたが、MacJouanal上で大きさを任意にしてできることに気づきました。そして、カテゴリーを選択して投稿。(なお、画像についてはココログの投稿サイトを利用した方がいいみたいです[E:coldsweats01])
まもなくしてブラウザーが投稿したブログを表示してくれます。(これは設定で変更できます)
今のところ、私の環境では問題なく使えるようです。気づいていない不具合があるのかもしれませんが・・・
それにしても、MacJouanalの全画面表示機能は気持ちがいいですね。黒い背景に緑の文字というパソコン黎明期を思い出させるような配色も大好きです。この辺は、好みの問題ですね。もちろん、この配色についても設定で変更できます。
それから、全画面表示における文字の拡大率を指定できるのも魅力です。私の場合は200%にして使っています。大きすぎるかと思った時もあったのですが、老眼が進みつつある私にとっては、このくらいがいいようです。(時々、気分で変更する場合もあります)
Pasted_graphic_2