これはびっくり!VoLTE通話の音質は予想以上でした

NTTドコモ版iPhone 6sにMNPし、その大きさにも慣れてきました。

最初は、大きすぎて使いにくいのではないかと心配していましたが、大丈夫でした。逆に、表示内容が見やすくなったことを感じる毎日です。

これならiPhone 6s Plusを選択して良かったかもしれません。

スポンサーリンク

iPhone 6sを使い始めて

感心したこと

それは、VoLTEによる通話サービスが、私の予想以上に高音質だったことです。

これまで、私は、携帯電話の通話音質はあまり良くないものだ諦めていました。そのため、家族との連絡も、通話よりもメールですることがほとんどでした。

でも、せっかくVoLTE対応のiPhoneを使うことになったのですから、お試しのつもりで電話をしてみました。

まず、呼び出し音が鳴る時間が短くなっていることを感じました。

そして、驚きました。

なんと電話の声が、私の傍らで話している声のように聞こえてきたのです。まさか、ここまで高音質とは思っていませんでした。

ドコモの場合、LTEエリア内でVoLTE対応ドコモ回線端末同士での通話でしか利用できないという制限付きの機能ですが、一度体験してしまうと、従来音質に不満を覚えてしまうくらいです。

格安SIMでは、まだVoLTE通話サービスは提供できていないようです。音声通話の音質の差が、ネット接続速度やエリアの差とともに、私個人としても携帯端末のキャリア選択基準の柱になっていきそうです。

もちろん、VoLTE通話はドコモ以外にもau、SoftBankでも対応機種を使うことで実現可能です。個人的には超オススメです。

使いこなせていない3D Touch

iPhone 6sから搭載された機能として、3D Touch(3D タッチ)があります。

しかし、私は未だに使いこなせていません。

iPhone 6sを使い始めた当初は、画面を強く押すプレス操作が上手くできませんでした。画面を軽くプレスする操作をPeek、さらに少し深めにプレスする操作をPopと言うのだそうですが、ノーマルの感度設定のままだと、かなり強く押さないと作動しない状況でした(これは、あくまでも個人的な感覚の問題なので、一般的には当てはまるかどうかはわかりません)。

そのため、今でも、このPeekやPopを使うことは、ほとんどなく、使いこなせていない状況が続いています。

スポンサーリンク

まとめ

iPhone 6sを使うようになって、VoLTE通話サービスの高音質に喜んでいる毎日です。でも、新しく搭載された3D Touchにはあまり感動できていません。これから意図的に使うようにして、使いこないていけたらいいなあと思っています。せっかくの機能なので・・・