新しいiPhone 7に魅力を感じない理由

rhysadams / Pixabay

新しいiPhone 7が発売されて1週間が経ちました。

iPhone 6sを使っているので、購入する予定も、機種変更する予定もまったくない状況で、発売日を迎えました。

やはり新色の人気は高く、ジェットブラックやブラックの機種は予約さえも難しい感じだったようです。

発売から数日後に、家電量販店に行ってみましたが、ジェットブラックやブラックの在庫は案の定「なし」でした。

スポンサーリンク

新しいiPhone 7の機能

前評判では、「iPhone 6sのマイナーチェンジに留まる」というようなことも言われていたiPhone 7。大きさ等は確かにiPhone 6sのマイナーチェンジという感じでした。

しかし、その中身はかなり大幅に向上していました。まさに新しいiPhoneです。

  •  防水機能
  •  FeliCa対応
  •  感圧式ホームボタンへの変更
  •  大半のMacBook Airよりも高速だというA10チップの搭載
スポンサーリンク

iPhone 7に魅力を感じない理由

それは単純な理由です。

ケースに入れてしまうと、iPhone 6sとほとんど同じだからです。

Macの場合、何年間は、同じ筐体で中身がグレードアップします。その頻度はiPhoneほどで多くはありませんが、確実に処理速度等が向上しています。

しかし、その都度、Macを買い換えるという人はあまり多くないのではないかと思います。自分がMac上で行なっている作業に問題が発生しない限り、新たな機種を購入する必要がないからです。

このことは、iPhoneのようなスマートフォンでも同様だと考えます。今の私には、iPhone 7は必要ではないのです。

また、私の場合は、防水やFeliCa、感圧式ホームボタン、A10チップにも必要性を感じない使い方をしていることも、その背景にはあります。

特に、感圧式ホームボタンには、なかなか慣れることができませんでした。店頭で短時間だけ試した結果なので、数日使用すれば、また違う印象だったのかもしれません。

逆に言うと、防水やFeliCa、感圧式ホームボタン、A10チップのどれか一つに魅力を感じる方は、購入や機種変更を考えるべきだと思います。

また、iPhone本体に保存したいものがたくさんある方もiPhone 7は魅力のある存在だと思います。

私はしばらくiPhone 6sを使い続ける予定です。