iOS11になって標準カレンダーアプリを使い始めてから気づいたこと

スポンサーリンク

こんにちは bibaです。
iOS11になってから標準カレンダーアプリをメインカレンダーとして使っています。

慣れてくれば問題なく使えると考えていましたが、ここにきてちょっと悩んでいます。

標準カレンダーアプリの悩み

今月初めにこんな記事を書きました。でも、iPhoneでメインとして使うカレンダーアプリについて悩み始めています。

こんにちは bibaです。 iPhoneにiOS11にアップデートしてから、標準アプリのカレンダーが見やすくなったような気がします。 ...

それは、リスト表示でなく壁に貼ってあるカレンダーと同じような感じで確認したいという気持ちになることがわかってきたからです。標準カレンダーアプリでは、選択した日の予定は確認できますが、それ以外の予定は把握できない表示内容になってしまいます。

リスト表示でも1週間の予定確認はでいるのですが、どうしても違和感があるのです。

それに対してサードパーティ製のカレンダーアプリでは1週間表示や1ヶ月表示でもそれぞれの予定が表示されるために違和感なく予定を確認することができます。

そんな時に、佐々木典士さんのブログを読みました。

手帳を紙からアプリに切り替えてから、2、3年はたったでしょうか。 iPhoneでは「Staccal2」というア…

手帳を紙からアプリに切り替えてから、2、3年はたったでしょうか。iPhoneでは「Staccal2」というアプリを使っていて、デフォルトの「カレンダー」とも同期しているので、Macから確認することもあります。

「Staccal」は見やすいミニマルデザイン&使いやすくておすすめ!

佐々木さんは「Staccal2」を使っていました。やはり、標準アプリよりもこうしたサードパーティ製のカレンダーアプリが見やすいのでしょうか?

スポンサーリンク

サードパーティ製アプリなら?

「Staccal2」を選択肢と考え始めた場合、最終的には、またInformantとFantasticalを組み合わせて使う方式に戻るような気がします。

せっかくシンプルで見やすい標準カレンダーを使うことを決意したのに、やはり表示内容の変化に私の「脳」が対応できていない感じです。

『iPhone手帳術』という本では、有名な「Refills」というカレンダーアプリや「Lifebear」というカレンダーアプリが取り上げられていました。

「Refills」はお試しで使ってみたくらいですし、「Lifebear」はまったく使ってみたことがないので、自分としては評価できません。でも、こうしたアプリを試してみた方がいいのかなぁとも思い始めています。

iOS11になって標準アプリが見やすくなったため、それらのメインにしていこうと思っていたのですが、やっぱりこれまでのように、その時の気持ちで使いたいアプリを使うという感じでいこうかなぁ・・・

とりあえず、iPhoneに「Staccal2」をインストールしてみました。