iPhone 7修理プログラムとは異なる「圏外」問題 で 正規サービスプロバイダに行ってきました

iPhone 7修理プログラムとは異なる「圏外」問題 で 正規サービスプロバイダに行ってきました

 

契約していたドコモ回線が更新月を迎えたので、そのまま更新するかどうか悩んでいました。ある日、家電量販店に買い物に行ったら、auが店頭キャンペーン中だったので、その内容を聞いてみました。

本当は使用中のiPhoneをそのまま継続利用して格安SIMにしようかと考えていたのですが、auに乗り換えても、ほぼ同様の維持費でいけそうだったので、衝動的に乗り換えてしまいました。

格安SIMと同じ維持費で大手通信会社の回線が利用できるのはやはり魅力的ですし、乗り換えによってiPhoneも新しいものが使えることになります。

ところが、購入したiPhoneをしばらく使っていたら、時々エリア内なのに「圏外」になってしまうことに気づきました。でも、再起動するとまたもとの状態に回復するので、そのまま使い続けていました。

そんな中、アップルから修理プログラムが発表されましたので、早速、近くの正規サービスプロバイダに行ってきました。

サービスエリア内でも「圏外」と表示される不具合

ここまで読んだ方はおわかりだと思いますが、今回の乗り換えで使い始めた機種はiPhone 7です。

話題のiPhone Xや新しいiPhone 8も気になりましたが、月々の維持費をできるだけ減らしたいということが優先した結果です。(実は、Xperia XZ1も同額だったので、iOSからAndroidにしようかとも考えましたが、結局は使い慣れた方を選択しました)

ところが、使い始めてしばらくして、サービスエリア内でも「圏外」と表示されることに悩まされ始めました。

ネット接続しようとすると、「圏外」という表示になっていて接続できなないという状況や、アンテナマークの色がグレー表示になって接続できないという状況が繰り返されるようになったのです。

再起動すると、もとどおりネット接続ができるので、使えないことはないのですが、いちいち再起動するのが、とにかく面倒でした。

iPhone 7 修理プログラムの発表

そんなことで悩んでいた頃、アップルから 「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラムが提供されることを知りました。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム - Apple サポート

確認してみると、自分のiPhone 7 のモデル番号も本プログラムの対象となるモデルでした。(あとで知ったのですが、日本で販売されたiPhone 7 はすべてこのモデルだそうです)

サポートセンターに電話して聞いてみたら、iTunesに接続することで対象かどうかを確認することができるということでした。しかし、対象機種だった場合は、その時点から使用できなくなり、本体交換が必要になるということです。それで、近くの正規サービスプロバイダに持っていくことにしました。

近くの正規サービスプロバイダへ

予約してから行ったのですが、対応する人が少ない感じで待たされました。対応した方に状況を説明したら、修理プログラムの対象になる症状ではないと言われてしまいました。修理プログラムの対象となる症状では、再起動しても「圏外」が解消されないというのです。

調べてもらった結果、内部状況に問題がないということで、SIM交換をしてみてはどうかと言われました。また、希望すれば本体交換ができるということでしたが、店頭在庫がないので再来店が必要になるということでした。

結局、その日はそのまま帰宅しました。

再起動でも回復しない「圏外」表示

そんなある日、またしても「圏外」表示になってしまいました。いつもように、再起動をかけたら、りんごマークが点いたり消えたりを繰り返すだけで、いつまで経っても起動できない状況になってしまいました。

そこで、帰宅前に再び正規サービスプロバイダに行くことにしました。今度は、予約なしです。

予約した方が優先ということで、今回はさらに待たされることになりました。これまでの状況と症状を話した結果、システムをリストアすることになりました。

最初に、iCloudからiPhoneを探すをオフにする作業を行いました。本体が動かなくてもこの作業はできるんですね。

しばらくしてお店の方から「本体交換」が必要になるという説明がありました。システムの入れ替えができない状態になっていたというのです。

iPhoneアプリのデータの一部にバックアップをとっていないものがあったのですが、使えないという状況になるのも困ります。

ということで、本体交換をしてきました。

まとめ

本体交換後、SIM交換もしていませんが、「圏外」表示にもなりません。もしかすると、今回の症状もメインロジックボードのコンポーネントの故障が原因だったのかもしれませんが、本当のことはわかりません。ただ、正規サービスプロバイダの方の説明では、修理プログラムの対象となる状況とは異なる症状だったようです。

維持費を安くするために使い始めたiPhone 7で、ちょっと変わった非日常を体験することができました。

スポンサーリンク
Facebookページにいいね!をしよう
最新ニュース情報をチェックしよう!