iPhone維持費を安くしようとMNPしたけど…

iPhone維持費を安くしようとMNPしたけど…

2013年12月23日

IMG_1167

購入当初は2年間は使い続けると言っていたiPhone 5(softbank)を手放し、12月8日からiPhone 5c(au)を使いはじめました。

乗り換え先を考える

僕と妻の携帯電話の回線をSoftBankからauに乗り換えることにしたからです。乗り換えを考えるようになったは、家族全体の通信費はほぼ現状維持のまま状態で、家族が使っているiPhone 4及び4sをiPhone 5以降の少し大きな画面の機種に変更したかったことが主な理由です。

もちろんSoftBankで機種変更をするのが一番簡単なのですが、LTEと使うことになるためにパケット定額料が上がる分だけ高くなってしまいます。キャリアを変更してもパケット料金については同じわけですが、乗り換えの時だけ利用できるキャンペーンを各社は用意しているのでその分だけ通信費を抑えることができます。

最初、乗り換え先としてはdocomoを考えていました。docomoでないと電話できないという場所(たとえば毎年利用している「自然の家」)がまだ少なくないからです。でも、docomoではiPhone 5sか5cしか選択できない上に、iPadを販売しないという点が気になりました。

それに対して、auでは旧機種であるiPhone 5が機種代0円+キャッシュバックで在庫処分中でした。LTEエリアが狭いことが気になりますが、機能よりもデザインと価格重視で選ぶならいい買い物です。

SoftBankの引き止め

結局、auに乗り換えを決断して、MNP番号を発行してもらうためにSoftBankに電話しました。すると、なんと1回線につき25000ポイントプレゼントの対象になっているという話。MNP引き止め策なんでしょうが、25000ポイントと聞いて、MNP発行申込みを中断しました。

それでSoftBankのお店に出かけて、旧機種であるiPhone 5の在庫がないか聞いてみることにしました。お客さん多くてかなり待たされましたが、32Gが1つだけ残っていました。でも、価格も値下がりしていましたが、ポイントを使って購入しても、維持費を含めて計算するとauでiPhone 5を購入するよりも割高でした。

iPhone 5cのデザインとauのLTEエリア

あきらめて店頭でMNP番号を発行してもらい、その足でauのお店でiPhone 5cとiPhone 5を回線契約しました。iPhone 5は妻が使います。

iPhone 5cを使い始めた当初は、デザインが好きになれないように感じたのでが、使い続けるうちに違和感を感じなくなりました。また、アップルストアで5cケースを購入してからは持った時の感覚も違和感なしです。LTE通信エリアもSoftBankの時と比較して気になることはありません。

乗り換えの時に気をつけたいこと

こんな感じで、特に問題もなくMNPによる乗り換えができたという話で終わりにしたいのですが、気をつけておきたいこともあったので紹介しておきます。

・解約月の月月割がなくなってしまう

MNPを行うとそのための経費が発生します。ところが、それ以外の経費増がありました。携帯電話の契約内容をきちんと理解している人がご存知なのでしょうが、そのことを知らなかった僕は請求書を見てびっくりしました。毎月1668円(消費税計算前)も割引されていたが割引0円になるのです。かいかえ割やスマホ下取り割の割引はそのまま適用されていました。もしかすると、毎月の締め日と解約手続きする日が同じであれば月月割がなくなることがないのかもしれません。

11月の請求
ソフトバンクモバイル11

12月の請求(その他にはMNP経費が含まれています)
ソフトバンクモバイル12

・Apple IDとの関連づけの解除を忘れない

今まで使っていたiPhoneを手放す前にやっておかなくてはならないことがあります。バックアップやデータの削除やSIMカードを抜くことは誰でも気づくことですが、iPhoneの場合、Apple IDとの関連づけ解除をしておく必要があります。今回、僕はそのことを行わないままiPhoneを手放そうとしてしまいました。

教えてくれたのは、ドスパラで買い取りの対応をしてくれたお兄さんです。ドスパラで買い取ってもらうのは初めてでした。ヨドバシでインフォメーションのお姉さんに聞いたら、買い取りはしていないというのでドスパラに行くことにしたのですが、後でヨドバシに立ち寄って再度確認したら買い取りコーナーがまだ残っていました。

Apple IDとの関連づけを解除するには、パソコンからiTunesを起動して、アカウント表示画面からiTunes in the Cloud ディバイス管理を選択して、削除したiPhoneを指定するという手順で行うことができます。

乗り換えの感想

今回、SoftBankからauに乗り換えて、僕の毎月の携帯電話維持費は現状の3,000円弱から4,020円+通話料に増えることになります。でも、SoftBankを使い続けた場合でも月月割以外の割引がなくなってしまうので、来春以降はSoftBankを使うよりも安価で維持できる計算です。もちろん、家族全体の通信費も抑えることができることになります。

予想通りMNP乗り換えには時間も経費もかかったけど、まあ満足しています。この乗り換えの後、SoftBankから「スマート値引き」が発表されました。あと2週間早く発表されていたら違う選択をしていたかもしれません。