東京2020オリンピック再抽選の結果は落選でした

東京2020オリンピック再抽選の結果は落選でした

今朝、東京2020オリンピック再抽選の結果を確認しました。
残念ながら?期待どおり?「無効(利用不可)」という結果でした。

最初の抽選で購入できたチケット

観戦の可能性が残っていたオリンピックチケットは、宮城スタジアムで開催されるサッカー男子の準々決勝です。

東京都では新型コロナウイルス感染が再拡大し、4回目の緊急事態宣言も出されることになりました。そのため、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県そして北海道で行われる競技が無観客で行われることが決まりました。

一方、宮城県・福島県・静岡県の会場で開催される競技については、チケットがあれば観戦できることにはなりました。しかし、「収容定員50%以内で1万人」という制限つきとなりました。

宮城スタジアムは4万9000人の観客を入れることにしていたらしいので、再抽選で当選するのはかなり難しいだろうという予想もしていました。

再抽選結果はステータスで

最初のアナウンスでは7月6日に再抽選の結果がわかるということでしたが、7月10日未明に結果を発表することに延期されました。

登録メールにお知らせが来るのかと思っていましたが、公式チケット販売サイトにアクセスして、マイチケットからweb上で確認する必要がありました(マイチケット > 観客人数上限対応 > 購入履歴 > 詳細より確認)。

説明文も読まないでマイページにアクセスしてしまったので、最初は当落がわかりませんでした。

その後、リンクをたどりチケット取扱に関する説明を読み、ようやく自分のチケットの再抽選結果を理解することができました。

私の場合は、ステータスは「無効(利用不可)」でしたので、自動払い戻し対象ということです。

落選したけど

落選したわけですが、残念という気持ちでもありません。もちろん、観戦したくないわけではないですが、払い戻し対象になって正直安心しているところもあります。

大江健三郎による「あいまいな日本の私」というスピーチではないですが、「あいまいな日本のあいまいな・・・」なんてことも考えてしまいます。いろんなことを考えさせてくれる東京2020オリンピックです・・・